昆虫ベースのドッグフード一覧

【2020年最新】昆虫が原料の海外ドッグフード16種!国別まとめ

昆虫を原料にしたドッグフードがヨーロッパで多く販売されているのをご存知でしょうか?

日本では現在イギリスのヨラドッグフードしか購入することができませんが、ヨーロッパではなんと15種類もの昆虫ベースのドッグフードが販売されています。

販売している国は下記の5カ国です。

  • イギリス
  • オランダ
  • ドイツ
  • フランス
  • デンマーク

昆虫ベースのドッグフードはアレルギー性が低く、アレルギーを多く持つ犬でもパクパクと食べてくれることや、アトピーや下痢等のアレルギー症状を和らげてくれるドッグフードとして近年注目が高まっているんです。

犬の昆虫食のメリットとデメリット!アレルギーを持つ犬の救世主!犬の昆虫食のメリットとデメリットを論文を引用しながら詳しく解説しています。...

そこでこの記事では、日本未発売も含めて海外の昆虫ベースのドッグフード16種類を全て紹介していきます。

各商品の詳しい情報を知りたい場合は個別に紹介している記事のページを張っているので読んでみてくださいね!

まずは日本でも販売されているヨラドッグフードから紹介していきます。

イギリスの昆虫ベースのドッグフード1種

ヨラペットフード|ヨラドッグフード

ヨラドッグフードの画像
引用元:yora pet foods

値段 1.5kg 6,800円(税抜)
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 日本・ヨーロッパ
ヨラドッグフードは日本で唯一販売されている昆虫ベースのドッグフード

ヨラドッグフードは日本で2020年6月から販売を開始しました。イギリスで初めて販売された昆虫ベースのドッグフードでもあります。

低アレルゲンのアメリカミズアブの幼虫を全体の40%も使用していて、これは他の昆虫ベースのドッグフードの2倍以上の配分です。タンパク質源がしっかり昆虫からとれている証拠なのでアレルギーが多い犬にピッタリのドッグフードと言えます。

さらに、ジャガイモ、かぼちゃ、人参等の野菜も使用しているため栄養バランスにも優れています。

気になる点としてはやはり値段が高いこと。

日本で売るために色々コストがかかっているとは言え、1.5kgで6,800円(税抜)は正直高いです。しかし、日本で買える唯一の昆虫ベースドッグフードであり、そして口コミでもアレルギーを持つ犬がパクパク食べるという良い口コミがたくさん書かれているます。

愛犬のアレルギーで困っている方は試す価値は十分にあるドッグフードだと言い切れます。

ヨラドッグフードを詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

ヨラドッグフードを徹底レビュー!海外の口コミも合わせて紹介!イギリスのヨラペットフードから販売されているヨラペットフードを紹介します。日本で唯一購入できる昆虫が原料のドッグフードです。日本ではまだ口コミがないので海外の口コミもまとめています。...

オランダの昆虫ベースのドッグフード3種

トロベット|IPD

トロベットの昆虫ベースのドッグフードIPDのドライタイプ
引用元:trovet

値段 3kg 29.5ユーロ
10kg 72.95ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
IPDは獣医お墨付きのドッグフード

トロベットのIPDは獣医が療養食として紹介することもあるぐらい高品質なドッグフードです。

特徴としては、低アレルゲンの原材料に加えてフィッシュオイルを配合しているのでオメガ3脂肪酸が多く含まれていることが挙げられます。

また、療養食によく見られるシンプルな原材料の構成になっていることも好感が持てるポイントで、余分な原材料が入っていません。

口コミでは「アトピーがおさまった」、「被毛に光沢が戻ってきた」、「皮膚が正常に戻った」という喜びの声が多く見られました。

IPDは原材料、使用感ともに優れている昆虫ベースのドッグフードと言えるでしょう。

IPDについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

trovetは獣医が認めたオランダ産昆虫ベースのドッグフード!オランダのペットフードメーカーのtrovetから販売されている昆虫ベースのドッグフード「IPD」の情報をまとめています。実際の飼い主の口コミもまとめてみたのでぜひご覧ください。...

サニメド|インテスティナル

引用元:sanimed

値段 1.5kg 17.25ユーロ
3kg 24.95ユーロ
12.5kg 69.75ユーロ
対象犬種 生後14週間後の成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 不明(公式サイトに記載なし)
販売地域 ヨーロッパのみ
犬の腸にとことん優しい昆虫ベースのドッグフード

インテスティナルの特徴はなんと言っても「犬の腸に優しいこと」です。

腸内環境改善の食物繊維はもちろん、電解質のナトリウムとカリウムが多く配合されています。電解質は下痢の犬が脱水症状や電解質異常を起こして体調不良になることを防ぐ効果があります。

アレルギー持ちのわんちゃんは消化不良から下痢になることが多く、インテスティナルは下痢が多いわんちゃんにピッタリのドッグフードと言えます。

海外の口コミでも「犬の下痢や軟便が改善された」という声が多くあがっているので、効果をしっかり実感している飼い主の方は多いです。

インテスティナルについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

動物栄養学者が開発!サニベドの昆虫ベースのドッグフードを紹介!オランダのペットの療養食メーカー「サニベド」から販売されている「インテスティナル」という昆虫ベースのドッグフードを紹介しています。...

バグズフォーペット|ニュージェネレーション

バグズフォーペットが販売しているニュージェネレーション
引用元:bugs for pets

値段 2kg 20.95ユーロ
4kg 38.95ユーロ
対象犬種 生後12週間後の成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
原材料の生産から加工まで全てオランダで実施

バグズフォーペットが販売しているニュージェネレーションは、原材料の産地から商品の加工まで全てオランダ国内で行っています。

日本人の私達が国産の商品を好むように、オランダの人達も国産の商品に安心感を感じるようです。生産から加工までの工程がどこで行われているのか公開されているのは安心感を感じられて良いと思います。

原材料には野菜と果物をたっぷりと使用していることも嬉しいポイントで、栄養バランスが優れています。

気になる点としては、他の昆虫ベースのドッグフードに比べて値段が少し高いことと、口コミが少ないことです。口コミが少ないのは使用しているユーザーが少ないことの裏返しでもあるので、認知度を気にされる方には向かないかもしれません。

ニュージェネレーションについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

オランダのニュージェネレーションをレビュー!海外の口コミも紹介!オランダのドッグフードメーカーのバグズフォーペットが販売しているニュージェネレーションを紹介します。 原材料、成分、特徴、口コミをそれぞれまとめてあります。...

ドイツの昆虫ベースのドッグフード8種

グリーンペットフード|インセクトドッグ ハイポアレルゲン

インセクトドッグのハイポアレルゲン
引用元:Green Petfood

値段 900g 5.9ユーロ
900g×3 16.9ユーロ
10kg 49.9ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 ミルワーム
販売地域 ヨーロッパ(日本は2020年1月に販売休止)
徹底して高アレルゲンの原材料を取り除いたドッグフード

グリーンペットフード社から販売されているインセクトドッグハイポアレルゲン(以下ハイポアレルゲン)は、とにかくアレルギー性が低い原材料で作られたドッグフードです。

海外の口コミでは「ほとんどの食品にアレルギーを持つわんちゃんでも好んで食べている」という声が多くあがっていることから、しっかり効果のある昆虫ベースのドッグフードと言えます。

実は、ハイポアレルゲンは日本でも2019年にわんにゃんフーズから販売されていたのですが、新型コロナウイルスの影響もあって2020年1月に販売が中止してしまいました。

販売再開は2020年7月という告知がわんにゃんフーズから出されています。ヨラドッグフードに加えてもう一つ選択肢が増えるのは、日本で昆虫ベースのドッグフードが盛り上がるきっかけになると思うので再開が待ち遠しいです。

ハイポアレルゲンについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

インセクトドッグハイポアレルゲンをレビュー!海外の口コミまとめ!インセクトドッグのハイポアレルゲンについて紹介しています。 原材料や成分から言える特徴、海外サイトの口コミもまとめています。...

グリーンペットフード|インセクトドッグ センシティブ

インセクトドッグのセンシティブ
引用元:Green Pet food

値段 900g 4.9ユーロ
900g×3 13.9ユーロ
10kg 39.9ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 ミルワーム
販売地域 ヨーロッパのみ
腸が弱いわんちゃんにオススメのドッグフード

インセクトドッグセンシティブ(以下センシティブ)も上述のハイポアレルゲンと同じグリーンペットフード社から販売されているドッグフードです(こちらは日本未発売)。

特徴は腸が弱いわんちゃんでも消化ができる原材料を使用していることです。炭水化物源には犬が消化しやすい米、そしてミルワームも消化しやすいので犬にとって簡単に消化できるドッグフードになっています。

また、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく配合されているので、腸内環境をしっかり整えて下痢や便秘を改善してくれます。

気になる点としては、血糖値が上がりやすい原材料を多く使用しているので、高血糖や糖尿病のわんちゃんにはオススメできないです。

センシティブについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

インセクトドッグセンシティブのレビュー!腸に優しく下痢を解決!Insect Dog(インセクトドッグ)はドイツのペットフード会社Green Petfood(グリーンペットフード)が販売している昆虫ベ...

ベルフォー|ランドグートシュマウス

ベルフォーのランドグートシュマウス
引用元:bellfor

値段 7.5kg 40.49ユーロ
1kgあたり約5.4ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
天然素材にこだわった昆虫ベースのドッグフード

ベルフォーのランドグートシュマウスの特徴はなんと言っても天然素材にこだわっていることです。

他の昆虫ベースのドッグフードに比べて野菜と果物をこれでもかというぐらい使用しているので、添加物が気になる方に特にオススメのドッグフードです。

更に、低アレルゲンの食材、豊富なオメガ脂肪酸と食物繊維が含まれている事も大きな特徴と言えるでしょう。

「アレルギーを持つ犬でも食べられる」
「皮膚と被毛を綺麗にできる」
「わんちゃんの腸内環境改善」

上記の効果を一気に得ることができてなおかつ添加物がほとんどないのがランドグートシュマウスです。

ランドグートシュマウスについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

天然素材にこだわったドイツのドッグフード「ベルフォー」を紹介!ドイツの老舗ペットフード会社ベルフォーが販売している昆虫ベースのドッグフードを紹介しています。 原材料、成分、特徴、口コミをまとめていますのでぜひご覧ください。...

メラ|インセクトプロ

メラのインセクトプロ
引用元:MERA

値段 400g 4.4ユーロ
3kg 26.9ユーロ
10kg 64.9ユーロ
対象犬種 成犬(妊娠中および授乳中の犬はNG)
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
獣医が推奨するブランドのドッグフード

ドイツのメラから販売されているインセクトプロは獣医が推奨しているドッグフードで、一般販売されている昆虫ベースのドッグフードと比べて信頼性が段違いに高いです

上記のベルフォーと同じようにオメガ3脂肪酸と食物繊維が豊富に含まれているので犬のアレルギー症状の改善が期待できます。

実際に海外サイトの口コミでは「アレルギーが多い犬でもパクパク食べて食いつきが良かった」「皮膚の痒みや下痢が改善した」「アレルギーが原因の耳の感染症が改善」といったレビューが多く書かれています。

インセクトプロについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

獣医が推奨するドイツのインセクトプロとは?海外の口コミも紹介!昆虫ベースのドッグフードのinsect pro(インセクトプロ)はドイツのペットフードメーカーMERA(メラ)から販売されています。 ...

シェーカー|インセクト&レッカー


引用元:schecker

値段 400g 3.95ユーロ
3kg 14.99ユーロ
12kg 56.99ユーロ
12kg×2 109.99ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
シニア犬に嬉しい成分がたっぷりはいったドッグフード

インセクト&レッカーは日本でも販売されるぐらい認知度が高いドイツのシェーカーから販売されています。

西洋タンポポ、ホーステールハーブ、ルリチシャ油といった植物系の原材料が5種類も入っていることが大きな特徴で、これらの原材料は節々の痛みや関節炎を抑えてくれる効果があります。

他の昆虫ベースのドッグフードには見られない原材料を使用しているので、”変わり種”と言ってもいいかもしれません。

ただし、懸念点としてトウモロコシが原料のコーンフラワーを使用していることと、食いつきが悪いという口コミが見られることでしょうか。

インセクト&レッカーについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

インセクト&レッカーをレビュー!ドイツの獣医学博士が公認!ドイツのペットフード会社シェーカーが販売するインセクト&レッカーの原材料、成分、特徴、そして口コミの紹介をしています。...

ベットコンセプト|ドッグサナハーメティア


引用元:vet concept

値段 3kg 27.5ユーロ
10kg 58.9ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
獣医が監修した昆虫ベースのドッグフード

ドッグサナハーメティア(以降サナハーメティアと呼称)はドイツのベットコンセプトから販売されています。

ベットコンセプトは病気の犬に与える療養食を獣医監修のもとに作っているメーカーで、もちろんサナハーメティアも獣医が監修しているので信頼性が非常に高いです。

口コミの数は21件と少ないものの、悪い口コミは一切見られず全ての口コミが高評価でした。

「沢山のドッグフードを試したがサナハーメティアだけ愛犬が食べることができた」

サナハーメティアはそんな口コミが見られるぐらい高品質な昆虫ベースのドッグフードです。

詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

獣医が監修したドッグサナハーメティアをレビュー!口コミも紹介!ドイツのペット用品メーカーベットコンセプトが販売する昆虫ベースのドッグフード「ドッグサナハーメティア」を紹介しています。原材料、成分、特徴、口コミをすべてまとめました。...

イートスモール|ウォード

eat smallのドッグフードwald
引用元:eat small

値段 200g 3.5ユーロ
2kg 16.25ユーロ
6kg 44.98ユーロ
12kg 84.99ユーロ
対象犬種 活動量が多い犬(猟犬などの犬種)
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
活動的な犬向けの昆虫ベースのドッグフード

ウォードはドイツのイートスモー社から販売されている昆虫ベースのドッグフードです。

穀類に低アレルゲンのサツマイモとアマランス、かぼちゃの種を使用しているので栄養価はとても高いです。

炭水化物源にジャガイモではなく血糖値が上がりにくいサツマイモを採用している数少ない昆虫ベースのドッグフードで、高血糖の犬でも食べられる事が特徴です。

アレルギーをもたくさん持つ犬でもパクパク食べてくれるという口コミが多く見られたドッグフードでした。

ウォードについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

ドイツの昆虫ベースのドッグフード「イートスモール」を紹介!eat smallはドイツの昆虫ベースのドッグフードを販売している会社です。eat smallの昆虫ベースのドッグフードとおやつを紹介していきます。...

イートスモール|アーバンネイチャー

eat smallのドッグフードurban nature
引用元:eat small

値段 200g 3.5ユーロ
2kg 16.25ユーロ
6kg 44.98ユーロ
12kg 84.99ユーロ
対象犬種 活動量が少ない成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 ミルワーム
販売地域 ヨーロッパのみ
おとなしい犬種向けの昆虫ベースのドッグフード

アーバンネイチャーは上記のウォードと同じ会社のイートスモールから販売されています。

違いとしては昆虫にミルワームを使用していることと、対象犬種がおとなしめの犬種になっていることです。

アーバンネイチャーもウォードと同じくアレルギー持ちの犬でも好んで食べてくれたという口コミが見られました。

しかし、「アレルギー症状が改善した」という口コミは見られなかったので、症状改善を目的にする方にはオススメできないかもしれません。

アーバンネイチャーについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

ドイツの昆虫ベースのドッグフード「イートスモール」を紹介!eat smallはドイツの昆虫ベースのドッグフードを販売している会社です。eat smallの昆虫ベースのドッグフードとおやつを紹介していきます。...

フランスの昆虫ベースのドッグフード2種

トモジョ|トモジョ

tomojoのドッグフード
引用元:tomojo

値段 50g 1ユーロ
2kg 13.5ユーロ
12kg 72ユーロ
20kg 100ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
トモジョのレシピは栄養士が監修

トモジョはフランスのスタートアップが販売している昆虫ベースのドッグフードです。

”スーパーフード”のスピルリナとチアシードの療法を含む数少ない昆虫ベースのドッグフードで、強力な抗酸化作用とオメガ3脂肪酸を含みます。

ドッグフードの酸化防止や犬の皮膚・被毛の改善が期待できるドッグフードです。

また、口コミの評価がとても高いのも特徴と言えるでしょう。トラストパイロットという海外の口コミサイトで374件の口コミがあり、最高評価が70%もあるという驚異的な数字を叩き出しています。

トモジョについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

tomojoは昆虫ベースドッグフードのフランスのスタートアップ!昆虫ベースのドッグフードを販売しているフランスのスタートアップ「tomojo」を紹介します。 ドッグフードの成分情報や飼い主の口コミ情報をまとめています。...

ビルバック|ハイポアレルギーインセクト

引用元:virbac

値段 1kg 36.99ユーロ
12kg 89.99ユーロ
対象犬種 成犬
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 ミルワーム
販売地域 ヨーロッパのみ
動物薬専門医薬品メーカーが販売するドッグフード

ハイポアレルゲンインセクトを販売するビルバックは動物薬専門医薬品メーカーで、50年以上の歴史ある会社です。

ハイポアレルゲンインセクトの特徴として、オリゴ糖と乳酸菌を配合していることが挙げられます。オリゴ糖を使っている昆虫ベースのドッグフードは多いですが、乳酸菌を使用しているメーカーはないのでとても珍しい成分配合です。

善玉菌の乳酸菌は腸内環境改善を改善し、オリゴ糖はそんな乳酸菌のエサになって乳酸菌を増やしてくれます。ハイポアレルゲンインセクトは犬の腸内環境を改善するのにピッタリのドッグフードと言えるでしょう。

また、オメガ3脂肪酸も多く含まれているので犬の皮膚・被毛を改善する効果も期待できます。

口コミでは「犬の皮膚がキレイになった」「被毛に光沢が戻ってきた」という声が多く見られたので、効果をしっかり実感できそうです。

ハイポアレルゲンインセクトについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

獣医師も推奨するビルバックの昆虫ベースのドッグフードを紹介!フランスの動物薬専門医薬品メーカーのビルバックが販売する昆虫ベースのドッグフードを紹介しています。...

デンマークの昆虫ベースのドッグフード2種

エントマ|ナチュラルドッグフード

entomaのNATURAL DOG FOOD(ナチュラルドッグフード)
引用元:House of Coton deluxe

値段 2.5kg 22.5ユーロ
6kg 49.5ユーロ
対象犬種 全犬種
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 アメリカミズアブの幼虫
販売地域 ヨーロッパのみ
果物やハーブを沢山使用したドッグフード

ナチュラルドッグフードはデンマークのエントマから販売されている昆虫ベースのドッグフードです。

果物とハーブを沢山使用していることが特徴で、天然の栄養と抗酸化物質が多く含まれます。無添加にこだわりたい方にオススメのドッグフードですね。

ナチュラルドッグフードの口コミは4件だけと少ないですが、犬が美味しそうにパクパク食べていたことが共通して書かれていたので嗜好性はとても高そうです。

ナチュラルドッグフードについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

デンマークの昆虫ベースのドッグフード「entoma」を紹介!デンマークのペットフード会社「entoma」が販売している昆虫ベースのドッグフードを紹介しています。口コミや原材料をまとめているのでぜひご覧ください。...

エントマ|アーバンドッグフード

entomaのURBANドッグフード
引用元:entoma

値段 2.5kg 22.5ユーロ
対象犬種 小型・中型の犬種向け
フードの種類 ドライフード
原材料の昆虫 ミルワーム
タンパク質を30%以上含む高タンパクドッグフード

アーバンドッグフードは上記のナチュラルドッグフードと同じエントマから販売されています。

一番の特徴はタンパク質を30%以上含むことで、タンパク質を多く必要とする成長期の犬にぴったりなドッグフードです。昆虫ベースのドッグフードで成犬以外を対象とするドッグフードは珍しいので、貴重なドッグフードといえるでしょう。

しかし、ナチュラルドッグフードと違い口コミが1個も見当たらないのが残念な点です…。

アーバンドッグフードについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

デンマークの昆虫ベースのドッグフード「entoma」を紹介!デンマークのペットフード会社「entoma」が販売している昆虫ベースのドッグフードを紹介しています。口コミや原材料をまとめているのでぜひご覧ください。...

まとめ

今回は海外で販売されている昆虫ベースのドッグフード16種全てをご紹介しました。

日本ではまだヨラドッグフードしか購入することができないので、まだまだ発展途上にありますが、ヨーロッパでは認知度も高まってきています。

獣医が推奨するドッグフードもいくつかあるぐらいなので、昆虫ベースのドッグフードの効果は認められていることが分かりますね!

今後日本でも昆虫ベースのドッグフードが広まっていくことを願うばかりです。