フランスの昆虫ベースのドッグフード

獣医師も推奨するビルバックの昆虫ベースのドッグフードを紹介!

virbac(ビルバック)は1968年にフランスで設立された“動物薬専門医薬品メーカー”です。

現在では100カ国以上で事業を展開している歴史ある会社で、ビルバックの商品はペットの飼い主だけではなく「獣医師」にも使用されています。

そんな信頼度の高いメーカーが昆虫ベースのドッグフードを販売(日本未発売)しています。

愛犬の皮膚と被毛が改善した!とユーザーからの評価も高いので、高品質な昆虫ベースのドッグフードである事が分かります。

そんなビルバックが販売する「Dog Hypoallergy Insect(ドッグハイポアレルギーインセクト)」をこの記事で紹介していきます。

tomojoは昆虫ベースドッグフードのフランスのスタートアップ!昆虫ベースのドッグフードを販売しているフランスのスタートアップ「tomojo」を紹介します。 ドッグフードの成分情報や飼い主の口コミ情報をまとめています。...

Dog Hypoallergy Insectはオメガ脂肪酸と乳酸菌が含まれている

引用元:virbac

値段
1kg 36.99ユーロ
12kg 89.99ユーロ

virbacの特徴は下記の2つです。

  • オメガ脂肪酸が豊富に含まれている
  • オリゴ糖+乳酸菌配合

オメガ脂肪酸は犬の皮膚と被毛を健康に保つために必須の成分で、犬の美容を考えるなら必ず摂取したい成分です。

そして犬の腸内環境を整える成分として、オリゴ糖と乳酸菌(ラクトバチルスアシドフィルス)が配合されています。

乳酸菌は犬の腸内環境を整え、免疫力の向上や便秘・下痢を改善し、オリゴ糖はその乳酸菌のエサとなり乳酸菌を増やす働きがあります。

ビルバックは犬の健康の事をしっかり考えたドッグフードと言えるでしょう。

さすが、獣医に勧められるだけありますね!

原材料と成分リスト

原材料のリストはこちら。

ジャガイモデンプン、昆虫タンパク質(ミルワーム)(29.5%)、動物性脂肪、ミネラル、加水分解された豚肝臓タンパク質、アマニ、ビートパルプ、リグノセルロース、フルクトオリゴ糖、ビール酵母、ラクトバチルスアシドフィルス低温殺菌

ビルバックの昆虫ベースのドッグフードには「ミルワーム」が使用されている事が分かります。

下記が成分リストです。

粗タンパク質 24%
粗脂肪 18%
ミネラル 7%
粗繊維 5.5%
炭水化物 36.5%
カルシウム 0.9%
リン 0.7%
ナトリウム 0.4%
メチオニン+システイン 1%
オメガ6脂肪酸 3.3%
オメガ3脂肪酸 0.7%
エネルギー(100g当たり) 370kcal

参照元:virbac

口コミサイトで獣医に勧められた、という書き込みが多かった

ドイツのオンラインショップ口コミサービス「Trusted Shops」で認証マークを受け、さらに、822のレビューが書かれています。

822のうち90%が最高評価の5つ星をつけているのでユーザーからは相当高く評価されている事が分かりますね。

Trusted Shopsとは?
オンラインショップを評価するドイツの会社です。
Trusted Shopsの基準を満たした有料サイトだけが“認証マーク”をつける事ができます。
また、ユーザーのレビューも見る事ができるので、優良サイトの実際の使用感を知る事ができます。

商品について書かれたレビューで特に多かったのがこちらの2つ。

  • 獣医に勧められた
  • 愛犬の皮膚と被毛がキレイになった

獣医に勧められるという事からかなり品質が高いと言えるでしょう。

獣医が処方食として出すこともあるオランダの「trovet(トロベット)」と同じぐらい質が高いと思います、

trovetは獣医が認めたオランダ産昆虫ベースのドッグフード!オランダのペットフードメーカーのtrovetから販売されている昆虫ベースのドッグフード「IPD」の情報をまとめています。実際の飼い主の口コミもまとめてみたのでぜひご覧ください。...

実際に愛犬の皮膚が綺麗になったり、被毛に光沢が出るようになったというレビューがチラホラ見られます!

まとめ

今回はフランスの動物薬専門医薬品メーカーのビルバックを紹介させていただきました。

ビルバックは獣医師にも信頼されているメーカーですので、ビルバックの販売する昆虫ベースのドッグフードは信頼性は高いと言っていいでしょう。

口コミにも皮膚の症状が改善したという声が多く見られたので、品質は担保されています。